読書をより楽しむために音楽を

音楽を聴きながら読書をするという方も多いと思います。図書館でも耳をすませば微かに音楽が流れています。読書に集中するには静かな方が良い、という方もいらっしゃいますが、集中するためにも音楽は有効なのです。

本と音楽

古本・中古本の魅力

読書をする際、どんな音楽を聴くでしょうか。本とは関係なく自分のその時聴きたい音楽、読書の邪魔にならないようなクラシックやインストゥルメンタルの音楽、人それぞれスタイルがあるかと思います。
読書をする際、音楽を聴くことが良いとされる理由は、音楽を流すことによって脳がリラックスした状態になるからです。
人はリラックスした状態になると、脳波のひとつであるシータ波が発生します。これはまどろんでいる時に出る脳波です。シータ波が出ている時は、深い瞑想状態になっており、記憶と学習に合っている脳波の状態です。リラックスすることによって、読書に集中しやすくなります。このシータ波は外部のリズムと同調する性質があるので、音楽は有効とされているのです。そのリラックス効果を高めるのに音楽は有効とされています。

本と音楽を合わせる

ドラマや映画、演劇などでは、「音響効果」というものがあります。その場面に合った音や音楽を使うことによってその場を演出します。同じ場面でも使う音によって全く違うものになるくらいその効果はあります。これは読書にも活かせるのではないでしょうか。ロマンチックな恋愛ものを読む時は心が弾むような音楽を、ホラーなど怖いものを読む時は心が不安になるような曲をチョイスしてみてはいかがでしょうか。
その他にも、青春ものを読む時は自分の青春時代に聴いていた曲を、ドラマや映画になったような本だったらその時使われていたサウンドトラックを、サブカルチャー系のものを読む時は音楽もサブカルチャー系のものを、といった具合に、自分でその本に合った音楽を探しだすのも楽しみになるかと思います。ストーリーを楽しむだけでなく、映画のように気分を盛り上げる音楽で読書タイムを演出する楽しみも得ることができますよ。

中古本・中古CDを活用

中古本や中古CDには、現在ではもう販売されていないものなどもあります。本やCDは現在も多数売られていますが、中古本や中古CDも入れればその選べる世界はまた大きく広がります。時代の独特な雰囲気を感じられる日本文学などを読む際にはレコードで聴くのもおすすめです。
中古本には大変貴重な掘り出し物があったり、廃盤になってしまっていた自分が探していたものと偶然出会えたり、宝物探しのような感覚があります。その偶然見つけた宝物をより輝かせるために、読む際の音楽や雰囲気作りをするのも楽しいかもしれません。

 

当ショップでは、文学・哲学・思想ものや、映画や演劇・ドラマ、音楽などの芸術もの、サブカルチャーものまでありとあらゆる種類の中古本を取り揃えております。ぜひ音楽と共にお楽しみください。