本の保管方法

大切な本は自分にとっての知識・思想・思い出・楽しみなど、かけがえのない財産です。他の人にとっては何でもない1冊も、その人にとっては何にも変えられない宝物、ということも珍しくありません。
大切にしたいけれど、どんなふうに古本を扱って良いのか分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
特に当ショップで扱っているような中古本は年代物もありますので、適切な取り扱いや保存方法をとることをおすすめします。

取り扱いに注意

古本・中古本の魅力

本の保管時はもちろん、取り扱いにも注意が必要です。
・清潔な手で本を扱う。
・飲食しながらの読書の際、食べ物や飲み物を本に落ちないよう心掛ける。
・本の出し入れ時、背表紙の上側を引っ張らない。
・折り曲げない。
・輪ゴムやクリップ、鉄製のしおりなどを挟んだままにしない。
これらの行為は本を汚すだけでなく、傷みを生み出し本の寿命を縮めてしまいます。一度傷んでしまった本を自身で修復することは難しく、破れた紙は元に戻りません。本としての機能を維持するためにも、普段から取り扱いに気をつける必要があります。

保管方法

本はどうしても劣化してしまうものです。しかし、保管方法に気をつければその寿命を延ばすことができます。
・保管場所
本は紫外線で劣化してしまうので日の当たらない場所を選びます。また、高温多湿を避け、カビが生えないよう気をつけます。
・並べ方
平積みはよくありません。平積みでどんどん上に積んでいってしまうと、強い圧力がかかって下部の本が変形する原因になってしまいます。また立てて並べる際に、本の取り出しが困難になるほど詰め込みすぎないように気をつけましょう。無理やり取り出そうと本を傷つけるおそれがあります。逆にスペースに余裕があり本が斜めの状態になってしまっても、変形の原因になります。本棚に大きなスペースがある場合には本立てを使用して本が傾かないように工夫することをおすすめします。
・掃除
ホコリを溜めないように日常的に気をつけます。ホコリが溜まってしまうと虫やカビを繁殖させる原因となってしまいます。
・時々広げる
家や車など様々なものがそうであるように、使わなくなったものは劣化の進み方が早まります。たまに広げて空気を入れてあげましょう。そうすることでカビや虫から本を守ることができ、変色なども防ぐことができます。

状態の良い中古本

大切に扱い状態の良い中古本は高値で売買されます。
買取に関して言えば、話題や人気の本が高く売れそうですが、「状態が良い」中古本の方が高い買取対象になるところが多いです。状態の良い本とは、折り曲げ、変色、カビ、ホコリ、虫喰いなどがなく、帯などが付いているようなものです。特に帯の存在は貴重です。帯は店頭に並んでいる時期によって変わるため、古い帯の付いている本が欲しいと思っても手に入れられないこともあります。すでに店頭では手に入らないような希少価値の高い帯は、マニアが喉から手が出るほど欲しい本になります。きちんと保管しておけば、自分の大切にしていた本が新しい誰かの大切な本になるかもしれません。

 

当ショップでは中古本の販売・買取を行っております。文学系や映画・ドラマ・演劇などの芸術系、また人気のサブカルチャー系も取り扱っています。大切にしてきた本を売って、また新たな中古本に出会ってみませんか。